« 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1955年~1964年) | トップページ | 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1975年~1984年) »

2012年10月 6日 (土)

大滝秀治さん 映画作品一覧 (1965年~1974年)

つづいて1955年から1964年までの大滝秀治さんが出演された作品を紹介します。

【注目作品】

■1968年 : 黒部の太陽

Kurobenotaiyou

[あらすじ]

関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。

間組の国木田と熊谷組の下請会社の岩岡源三は、ともに現場責任者の北川を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。

昭和31年8月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切ったが、すぐに犠牲者は16人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。

そんな折りも折り、北川は次女の牧子が白血病にかかって入院し、生命はあと1年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。

一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の12月、ついに難所を突破。翌年11月、剛は由紀と結婚した。

そして2月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和38年3月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。

[その他出演者]

三船敏郎、石原裕次郎、樫山文枝、日色ともゑ、川口晶、北林谷栄、高峰三枝子

[監督]

熊井啓

▲楽天市場で購入する▲ 黒部の太陽 石原裕次郎・三船敏郎主演

▲amazonで購入する▲ 黒部の太陽 DVD-BOX


[その他作品]

■1965年 : 七人の刑事 終着駅の女
■1966年 : 二人の世界
■1967年 : 燃える雲
■1970年 : 野獣都市
■1970年 : 戦争と人間 第一部
■1971年 :  呪いの館 血を吸う眼
■1973年 : 子連れ狼 冥府魔道
■1974年 : 華麗なる一族
■1974年 : 悪名 縄張り荒らし

« 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1955年~1964年) | トップページ | 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1975年~1984年) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1965年~1974年):

« 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1955年~1964年) | トップページ | 大滝秀治さん 映画作品一覧 (1975年~1984年) »